So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

八百長疑惑再浮上 [ニュース]


大相撲の八百長疑惑を報じた週刊現代の記事で名誉を傷付けられたとして、日本相撲協会と横綱朝青龍関ら力士が発行元の講談社などに損害賠償などを求めた裁判で、大麻取締法違反容疑で逮捕され協会を解雇されたロシア出身の元幕内力士、若ノ鵬(ガグロエフ・ソスラン)が29日に東京都内で会見し、講談社側の証人として法廷で証言し、八百長を告発する考えを示した。

元若ノ鵬は会見で「現在の相撲協会は汚い。幕内に上がったらアンフェアな取り組みを強いられお金を渡された。それを断るとかわいがりをするといわれた。親方も黙認していた」と述べ、自身も八百長にかかわっていたことを示唆。そのうえで週刊現代側の証人として法廷で詳しい証言をするとした。

また大麻の使用についても「他に使用してる親方や力士がいるのに処分されていない。その他の協会の悪事についても証言していく」と付け加えた。


内部告発は、不当な扱いを受けたと感じる者から発せられるのは世の常。角界も麻薬や八百長に侵されているのは間違いないだろう。

〝日教組をぶっ壊せ〟 [ニュース]

〝日教組をぶっ壊せ〟

この過激発言で中山国交相が辞任へ。
かなり過激な発言は、辞任が目的?
この行為には見習うところがある。

福岡小1殺害、母親逮捕 [ニュース]


福岡市西区の公園で近くの同市立内浜小1年、富石弘輝君が殺害された事件は発生から5日目、母親が逮捕されるというやるせない展開になった。子育てに熱心で、PTA役員も務めていた薫容疑者。「なぜ、わが子を……」。関係者は言葉を失った。
「トイレに行った間に、子供の姿が見えなくなった!」。事件当日の18日、薫容疑者はそう言って、現場の公園にいた人たちに助けを求めた。約30分後、捜索に加わった人がトイレの外壁と柱のすき間で息絶えた弘輝君を見つけると、顔が黒ずんだ弘輝君にすがりついて泣いた。救急車で病院に向かう間は、ずっと弘輝君の名を呼び続けた。20日の葬儀では出棺前、薫容疑者が弘輝君の頭をなで続ける様子が参列者の涙を誘ったという。
薫容疑者は事件後、福岡県内の実家に身を寄せていた。22日午前8時過ぎ、ワンボックス型の捜査車両が到着し捜査員数人が入って任意同行を求めた。玄関を出た薫容疑者は草色のパーカを着て顔をすっぽりと覆い、うつむいて重い足取りで車に乗り込んだ。
弘輝君の葬儀翌日の21日、福岡県警の捜査員は任意の事情聴取で薫容疑者に「本当のことを聞きたい」と告げた。「私がやりました…」。薫容疑者はそう打ち明けると、せきを切ったように号泣したという。やがて落ち着くと、自分が病気であることや、子育てに悩みがあって将来を悲観していたことなどを語り始めたという。

やっぱり母親が殺害してたのか。状況から母親以外ありえないと話していたところ。簡単にばれるような嘘をついてまで殺す必要があったのか?他に選択肢はなかったのか?「最近の若者は…」という前に、最近の30代が一番病んでいるのではないだろうか…。

事故米だらけの日本 [ニュース]

三笠フーズの事故米事件で、転売された事故米被害は全国に及んだ。

主食のお米が侵されていたという深刻な事件。日本の主食はお米だけど、欧米各国の主食はジャガイモである。このジャガイモも純粋なものと危険なものがあるのかなぁ。そして、パンを主食としてるところはどこの国?いずれにせよ、食の被害を最小限にするためには自給自足が必至。

500万携帯誕生 [ニュース]

欲しい?


Nokia傘下の携帯電話メーカー「VERTU」(ヴァーチュ)が、ブランド10周年を記念した新モデル「New Signature Collection」を発表した。ステンレススチール(160万円)、イエローゴールド(450万円)、ホワイトゴールド(500万円)の3モデルがラインアップされ、この12月にも日本で発売することを明らかにした。
VERTUはNokiaに所属する独立部門として1998年に設立された携帯電話メーカー。12月にも銀座に旗艦店をオープンする予定で、同店を通じてNew Signature Collectionを発売するという。通信キャリアはNTTドコモ、ソフトバンクモバイルの2社と協議中であるとし、VERTUの特徴であるコンシェルジュサービスについては、提供することのみが決まっており、詳細や料金体系はこれから決定する予定だ。
New Signatureは、フロントフェイスを「サファイヤの海」と呼ばれるサファイヤクリスタルで覆い、ダイヤルキーに合計4.75カラットのジュエルベアリングを採用するなど、厳選した素材のみで作られた高級携帯電話。フロントの各所にゴールド素材を使っており、電子機器として唯一、スイス・アッセイ・オフィスのホールマークが入っている。すべての組み立て工程を、マスタークラフツマンの称号を持つ1人の専属職人が担当し、完成した端末の1台1台にサインが刻まれる。端末の側面には「コンシェルジュキー」が用意され、ワンプッシュでVERTUコンシェルジュに接続。顧客の要望に、世界中どこからでも24時間体制で応じる。



こんな電話、買う人いるのかなぁ。
100台売れたとしても企業として利益が出るのか疑問。
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。